スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカへ

23日の飛行事故のためキャンセルになったチケットを26日に変更し、ようやくアメリカに戻ってきました。


ただいま時差ぼけ真っ最中です。Zzz。。。


子供たちは8時ごろ寝て、朝の2時ごろ起床。


私は昼間なんとか寝ないを心がけ、10時に寝て朝の7時ごろ起床というパターンです。


あ、ちなみに子供の起床時私は起きれず


気が付いたら父さんが子供たちにご飯を食べさせてくれてました。


「子供が起きた瞬間、お前のいびきが止まったから起きたのかと思ったらピクリともしないから・・・・。父子家庭のようだ。」


とあとから笑いながら話してくれました。


ま、まあ、私も日本で母子家庭が長かったのでそのへんは大目に見てくれたようです。



さて、こちらに戻ってきてしなければいけないのが


掃除、片付け、子供の学校の手続きなどなどです。



日本から送った荷物が部屋の中に無造作に置かれ、足の踏み場がありませんでした。


ひと段落着いたのは夕方6時。

24時間以上寝てない私は

時差ぼけでふらふら。



帰国(アメリカへの)予定がかわって心配してくれていたお友達に電話をして落ち着いたところで


お風呂に入り、ようやくベットに入りました。


都合がいいのか悪いのか、今日から子供たちは現地の学校が春休み。


この一週間でなんとか子供達の時差ぼけを克服したいです。


↓男の子育児のランキングに登録してます。ポチっとよろしくお願いします。

スポンサーサイト

遠いアメリカ

今回丸3ヶ月ほど日本に一時帰国してました。


23日の朝、広島→成田→シカゴの飛行機でアメリカに出発。


今回約2か月の滞在がとある事情でのびのびになり、やっと我が家に戻る日がやってきました。



がっ、しかし!



皆さんご存知ですか?


23日の早朝成田での飛行機墜落事故。


広島を発つ前に父さんに電話をすると


「こっちで今すごいニュースになってるぞ。飛ぶか?」


と言われました。



受付で聞いても

「飛んでみないとわかりません。」


とのことで、まあ何とかなるだろうと高をくくっていた私は成田に飛びました。



すると・・・・・・




成田はすごい人でごった返し、誰もカウンターの向こうには入れない状態になっていました。



窓口で聞くと


「2つあるうちの大きい滑走路が飛行機事故で使えなくなってしまい、今日の飛行機のスケジュールも変更になる恐れがあるので、このままお待ちください。」


との返事でした。



そんな中


報道の人たちも駆けつけ、カメラをまわしていました。



子供たちにサンドイッチを食べさせていると


TBSとフジテレビのカメラが私たち家族にインタビューきゃー!


「私たちよりも小さいお子さんをお持ちの方はもっと大変だと思います。」


とか


「まだキャンセルになったわけではないので・・・・でも旅行でこられている方は大変でしょうね。」



なんて前向きな意見を言っちゃったから?



チラッとも映ってませんでした汗;




2時間まったあげく、その後の飛行機はほとんどがキャンセルになりました。MoEアイコン(ガーン)


荷物を預けたので返してもらう手続きや


その後のチケットの変更のことなどで


結局4時間以上成田で足止め。



チケットの予約センターにかけてもキャンセルになった人でごった返している様子で全くつながる様子がなし。



そこで私は成田に泊まることも考えたのですが、いつチケットが取れるか全く予想がつかない状態で


の成田滞在は子供も私もしんどいと判断し


1日2便飛んでいる午後の広島行に乗ることを決意。


無事に3人分の席が取れたのでまた実家に戻ることになりました。


2ヶ月の予定で一時帰国したのが諸事情で3ヶ月になり、いよいよ帰国という時に

飛行機のキャンセル。


私はきっとアメリカには戻れないのね・・・・。orz

と、かなりダウン









「長い間お世話になりました。ありがとう。」




って涙ながらに母と父に言ったのに・・・・



「あははは、空港でもみじまんじゅうお土産に買ってきたよ。」



みんな笑ってました。




しかしこんなことって本当にあるんですね。


今回感じたことは



アメリカはやっぱり遠い!



ってことでした。



おもちゃ

ある平日の夜です。


「今日お給料が入ったから、明日しんたとあらたにおもちゃを買ってやろう!」


うれしそうにじいじが言ってくれました。



しんた君とあらた君は欲しい物を紙に書いてじいじに見せていました。



しんた君はトミカのミニカー赤色の車



あらた君はポケモンのキャラクターグレッグル(←やつで名前がわかりません)



を紙に書いてました。






そして次の日。


平日にもかかわらず、じいじが30分走ったところにあるフジグランに連れて行ってくれました。


そしておもちゃの山を目の前にすると・・・・・・





あらた君は


大きな箱に入ったおもちゃ を持ってきました。


こんな時しんた君はとっても冷静に


「ポケモンはここだよ。」


と教えてくれるが・・・・


あらた君はその大きな箱をもってじいじをじっとみつめてました。目


じいじも


「この紙に書いたおもちゃが欲しかったんじゃないんか?」絵文字名を入力してください


と紙を見せながら困ってました。



日本に滅多に帰れないからと、ばあばと張り合うようにプレゼント攻撃があるので


申し訳なく思っていた私は


ポケモン&ミニカー=小さい物&安い物


ならいいだろうと高をくくっておりました。汗とか



ところがおもちゃを目の前にすると



やっぱり欲しいものは欲しい!とあらた君



私がなだめているとかわいそうと思ったのか


じいじが


「いつも買ってやれるわけじゃないから・・・・。」


と言ってくれました。



でもこうなると約束を守っているしんた君がかわいそう。



ということで


ポケモン&ミニカー=小さい物&安い物=2000円位


のはずが


ボーケンジャー&仮面ライダーディケイド=昨年の物なので半額&最新のおもちゃ=10000円位


の出費となってしまいました。



すっ、すみません顔文字1(背景黒用)



じいじ予想外の展開に財布の中身をみながら嘆いてました。ぷぷ



↓男の子育児のランキングに登録してます。ポチっとよろしくお願いします。

同窓会

今日同窓会がありました。


同窓会といっても、数人で懐かしいメンバーにあって飲んだってだけですが


私が一時帰国している間に何人かで会えないものか


と久しぶりに会った友人に話すと


女子6人、男子5人が集まってくれました。



何年も会っていない地元の連れたちですが


古いひとで3歳からの知り合いのため


お互いまったく違和感がなく


昔話に花を咲かせました。



「今日はP美が帰ってきてるからって言ったら、かみさんがすんなり出してくれたよ。」


とだしにされたり


「こいつは昔すごかった。」←ヤンキーではありません。汗とか


と言われたり


いろいろでしたが


地元の連れって自分の過去を知っている分面白い。



ここには書き込めないほどの私のやんちゃぶりをみんな笑いながら話してました。



「今度旦那を連れて来い。」



なんて言われたけど、私のやんちゃ度合がすごかったので



却下します!


父さんが聞いたらきっとドン引き


夕方6時から1時まで私はノンアルコールでテンション高めでみんなとワイワイしてきました。



父さんにこのことを話すと自分の様に喜んでくれ、


「よかったね。今度紹介してよ。いろいろなこと聞きたいし。」にこっ



なんて言ってくれました。


できれば却下でお願いしますが・・・・絵文字名を入力してください



私はノンアルコールだったのでみんなを家まで送り、帰宅したのは1時半でした。


でも久々に気をつかわなず、言いたいことを言える楽しい時間を過ごせました。


次回帰ったときも連絡がほしいと言ってくれたので、次もぜひみんなで会いたいです。


↓男の子育児のランキングに登録してます。ポチっとよろしくお願いします。

発表会

2月28日土曜日に幼稚園で発表会がありました。


しんた君はふじ組、あらた君はさくら組です。


でも昨年の4月に新設された幼稚園なのでふじ組の年長さんはしんた君を合わせて4人しかいないのでふじ組さんとさくら組さんは一緒の教室で勉強をします。


今回の発表会もさくら組さんと合同で行いました。


今日のメインはオペレッタ(劇と歌)です。


桃太郎のお話に手を加えたもので題して


「サクラレンジャー」


おばあさんが川で洗濯をしていると大きな桜が流れてきて、


生まれてきたのは男の子4人の桜太郎と、女の子1人の桜子ちゃん。


これらが鬼退治に出かけます。


しんた君は村人A


あらた君は青鬼さんA(他に2人青鬼さんがいた)でした。


一ヶ月前からいろいろと練習と劇に必要な道具の準備がありました。


子供の服を準備したのですが、履物に草履を使うことになりました。こちらの話はまた別の機会にさせていただきますね。



団体行動に慣れていないあらた君がみんなと一緒にできるのか・・・・ガーン


とか


しんた君は観客をみて声が出なくなるのではないか・・・・・jumee☆Feel Depressed4


とか


心配していたのですが、そんなところはみじんもみせず大きな声でセリフをいい、みんなで上手に歌を歌っていました。



私の母もみに来てくれたのですが、


「何年ぶりだろうねえ。かわいいね。」


と子供たちが一生懸命やっている姿をみて喜んでいました。


最後に合奏があったのですが、初めてみる学校でのしんた君とあらた君の真剣な様子に


ぽん太ママは、感動で胸がいっぱいになりました。



画像は後日アップしますね。




↓男の子育児のランキングに登録してます。ポチっとよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。