スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能

先日の23日にクリスマス前、家族みんなでお買い物。ずいぶん歩いて疲れたし、そろそろ帰ろうかと父さんと話していると、

「ペイントしたい!」としんた君。見上げると「ペインテットペンギン」の看板。ここはたくさんある中から好きな形をと絵の具を6色選び、好きなように色塗りできるという美術大好きな子供にはとっても魅力的な場所です。

前回きた時はあらた君はまだストローラーに乗っていたので、しんた君は3歳半、あらた君はまだ2歳前だったと思います。

しんた君がスヌーピーを選ぶと、当然「僕も。」とあらた君。ほどなくして持ってきたものがだったのですが、

「たけ~、・・・・おっ・・・あらた君こっちのワンちゃんのほうがかわいいよ。」と$10の物から、$3の物に変更。物欲のあまりないあらた君は何も疑うことなく

「うん!」とうなずいてました。Ψ(`∀´)ケケケ





子供たちがペイントしている間私は一人でしばしぶらぶら。20分ほどしてもどってくると

できあがったスヌーピーをみてすごいと思いました。

みてやってください。

これです。

画像 002


FC2 Blog Ranking

続きを読む »

スポンサーサイト

サンタクロース?

今日クリスマスで父さんがお仕事が休みでした。なのでみんなでウッドフィールドモールにくりだしてきました。

あちこちを歩き回りほしいもの、めぼしいものをチェック。その後父さんとしんた君、私とあらた君と二手にわかれ、おのおのほしいものを購入するため別行動になりました。

しかし・・・・・私は選択を間違えてました。


あらた君昼寝の時間に突入!

分かれてまもなく私はあらた君を肩に担ぎしばらく歩きましたが力尽きてしまい、とうとう靴屋さんに置いてあるいすから動くことができなくなりました。

「あっそうだ。たしかサービスカウンターでストローラーを貸し出してたはず。」とモールの中心にあるサービスセンターへ重いあらた君をおんぶして歩きました。腰がいたい・・・・

近くまでくるとサービスセンターの女性が「ストローラー貸し出ししてますよ。ここから見えるあそこの階段を上ったすぐのところです。」

「えっ?ここからまだ歩く、しかも階段・・・」と思っているとその女性が荷物を持ってくれ、しかも階段では後ろを支えてくれるとっても親切な方でした。ありがたやぁ

無事にストローラーを借り、あらた君を乗せるとあっさり起きちゃった。ひどい・・・

でもそんな私とあらた君を見ている一人の老人が、持っていたビニールの袋から取り出したおもちゃを私に見せ、

「これ、子供にあげてください。フリーですから。」

とあらた君におもちゃをくれました。普通の買い物客のようにみえたあの老人、実はサンタクロースだったのでしょうか。


FC2 Blog Ranking

どちてぼうや

突然ですが、みなさんは昔のアニメで一休さんをご存知ですか?その一休さんにでてきた、どちてぼうやという男の子。この男の子は何でも知りたがる子で、一休さんも手をやいてるといった設定でした。

なぜこんなことを書くかと言いますと、最近のあらた君はそのどちてぼうやどうよう「なんで?」「どうして?」とよく聞いてきます。でもその質問が

母「もうすぐ家に着くよ。」に対し、「なんで?」・・・・・・これ結構、むかつきます。

母「今日は忙しいから帰ろうね。」に対しても「なんで?」・・・・だから忙しいって言ってるじゃん。

私が料理中「危ないからあっちで父さんに遊んでもらって。」に対しても「えー、なんで?」
母「だからあぶないんだよ!」がああ

みなさんならここでどんな答えを子供に与えますか?



これに対し、しんた君のどちてはとっても高度です。っていうか高度すぎてたいへん。

先日雪がたくさん降って木や芝生が雪で覆われた日、学校に向かう途中に

母「雪がたくさん降ったね。すべるから怖いね。」に対し「ねえ、どうして雪は白いの?」
でした。


おおおおおおおおなんだかとってもおりこうさんな質問。でも私には答えれない・・・・・・えーいこうなったら

母「なんでだろうね、母さんにはわからないね。じゃあもししんた君が大きくなってどうして雪が白いのかわかったら母さんにも教えてね。」

しんた君「うん!」

でもこんな答え(っていうか、なすりつけ)でいいのでしょうか?この答えを知っている方ぜひレスお願いします。

クリスマスプレゼント

しんた君が学校でクリスマスプレゼントを作ってくれました。(実際は先生とボランティアの方々が作ってくれました。)去年は子供の顔をプリントアウトしてクッションにアイロンでつけてありました。今年はなんとエプロンに子供の顔でした。
画像A

続きを読む »

うちのお父さん

今日はしんた君とあらたくんのお父さんの話です。

うちの父さんはどちらかといえば亭主関白。私はそんな彼に「はいはい。」と慕う昔ならではの嫁タイプ・・・・・なんて書いたら批判のコメントがすごそうなのでやめます。

父さんは一言で言うと親ばかです。たとえば先日IKEAに買い物に行ったときのこと、二人の子供が仲良くアイスを食べたり、遊んだりしていると、アメリカ人のみなさんが振り返り、「かわいいわねぇ、今まで見た子供たちの中で一番かわいいわ。」とほめてくれました。

母は「いいねえ、しんちゃんとあらたんはみんなにかわいいね。っていってもらえて。」と言うと
父は「何いうてんねん。こいつらが日本に行ったときなんかも誰もがかわいいねえ、って振り返るんだよ。」って・・・・。(;-.-)だから言ってるじゃん。

時にはこんなことも。最近あらた君は食事をあまり食べません。私や父さんはとにかくスプーンを口に運び、やれ食え、そら食えと食べさせます。

母:「しんた君も食べなかったことがあるけど、こんな長い期間食べなかったってことはなかっ   たのにね。食事が負担なのかなぁ?」
父:「しんたもあらたも同じやって。ちょっと食べない期間が長いだけや。」って・・・(;-.-)だからそれも言ってるし。

つい先日のことあらた君が朝のおしっこが成功!
母:「あらたんすごいね。学校に行けるね。」と言うとしんた君は
しんた:「失敗しても着替えればいいんだよ。」ってあらた君に言ってました。

できれば失敗しないようにしてくれ。と思っていると

あらた君にトレーニングパンツをはかせながら、
父:「びちゃびちゃになったら教えてね。」と一言。

いや、びちゃびちゃになる前に言っておくれ。この親にしてこの子あり。やっぱり親子ですね。

そんな出来事がありました。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。